(Messenger:鈴木みどり牧師)

『命に向かって走れ!』

使徒言行録2:14−36【ペトロの説教】

2:14 すると、ペトロは十一人と共に立って、声を張り上げ、話し始めた。「ユダヤの方々、またエルサレムに住むすべての人たち、知っていただきたいことがあります。わたしの言葉に耳を傾けてください。

2:15 今は朝の九時ですから、この人たちは、あなたがたが考えているように、酒に酔っているのではありません。

2:16 そうではなく、これこそ預言者ヨエルを通して言われていたことなのです。

2:17 『神は言われる。終わりの時に、/わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あなたたちの息子と娘は預言し、/若者は幻を見、老人は夢を見る。

2:18 わたしの僕やはしためにも、/そのときには、わたしの霊を注ぐ。すると、彼らは預言する。

2:19 上では、天に不思議な業を、/下では、地に徴を示そう。血と火と立ちこめる煙が、それだ。

2:20 主の偉大な輝かしい日が来る前に、/太陽は暗くなり、/月は血のように赤くなる。

2:21 主の名を呼び求める者は皆、救われる。』

2:22 イスラエルの人たち、これから話すことを聞いてください。ナザレの人イエスこそ、神から遣わされた方です。神は、イエスを通してあなたがたの間で行われた奇跡と、不思議な業と、しるしとによって、そのことをあなたがたに証明なさいました。あなたがた自身が既に知っているとおりです。

2:23 このイエスを神は、お定めになった計画により、あらかじめご存じのうえで、あなたがたに引き渡されたのですが、あなたがたは律法を知らない者たちの手を借りて、十字架につけて殺してしまったのです。

2:24 しかし、神はこのイエスを死の苦しみから解放して、復活させられました。イエスが死に支配されたままでおられるなどということは、ありえなかったからです。

2:25 ダビデは、イエスについてこう言っています。『わたしは、いつも目の前に主を見ていた。主がわたしの右におられるので、/わたしは決して動揺しない。

2:26 だから、わたしの心は楽しみ、/舌は喜びたたえる。体も希望のうちに生きるであろう。

2:27 あなたは、わたしの魂を陰府に捨てておかず、/あなたの聖なる者を/朽ち果てるままにしておかれない。

2:28 あなたは、命に至る道をわたしに示し、/御前にいるわたしを喜びで満たしてくださる。』

2:29 兄弟たち、先祖ダビデについては、彼は死んで葬られ、その墓は今でもわたしたちのところにあると、はっきり言えます。

2:30 ダビデは預言者だったので、彼から生まれる子孫の一人をその王座に着かせると、神がはっきり誓ってくださったことを知っていました。

2:31 そして、キリストの復活について前もって知り、/『彼は陰府に捨てておかれず、/その体は朽ち果てることがない』/と語りました。

2:32 神はこのイエスを復活させられたのです。わたしたちは皆、そのことの証人です。

2:33 それで、イエスは神の右に上げられ、約束された聖霊を御父から受けて注いでくださいました。あなたがたは、今このことを見聞きしているのです。

2:34 ダビデは天に昇りませんでしたが、彼自身こう言っています。『主は、わたしの主にお告げになった。「わたしの右の座に着け。

2:35 わたしがあなたの敵を/あなたの足台とするときまで。」』

2:36 だから、イスラエルの全家は、はっきり知らなくてはなりません。あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、またメシアとなさったのです。」

ペトロの説教

本日の箇所は、先週の続きで、ここからペトロの説教の場面へと移っていきます。先週の最後の13節には、 しかし、「あの人たちは、新しいぶどう酒に酔っているのだ」と言って、あざける者もいた。とありましたが、この「あざける者」たちを、ペトロは、この後の説教のきっかけとしたのです。

14節からペトロは他の11人の弟子たちと共に立ち上がって、声を張り上げてわたしの言葉に耳を傾けてください。と言って話し始めました。そして、 今は朝の九時ですから、この人たちは、あなたがたが考えているように、酒に酔っているのではありません。そうではなく、これこそ預言者ヨエルを通して言われていたことなのです。と言って、ペトロは今起こったペンテコステの不思議な出来事、つまり聖霊が降ってそこにいた者たちがみな異言を語り出したことについて、ヨエル書の3章を引用して解説し始めるのです。17−21節は、ヨエル書3:1-5の引用です。ちなみに先ほど礼拝の初めにお読みいただいた、本日の「招きの詞」は、このヨエル書3章の1節でした。3:1 その後 わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。あなたたちの息子や娘は預言し 老人は夢を見、若者は幻を見る。という有名な箇所です。ただしこのヨエル書の預言は、イエス様が雲に乗って再びこの地上に来られる再臨の日のこと、つまり終末のことについて、に重きが置かれています。主の名を呼び求める者は皆、救われる。というのも、ヨエル書ではこの終わりの時のことを言っています。

 

そして、22節で、「イスラエルの人たち、」と、ペトロは14節に続いて再びユダヤ人たちに語りかけます。ここからペトロのこのペンテコステの説教は核心に入っていきます。

ペトロは今ユダヤ人たちに、彼らが少し前に自ら体験した、あの、炎のような舌が一人一人の上にとどまって、その聖霊によって、ガリラヤの人々が皆異言を語ったというあの出来事は、決して怪しむべきものなどではないのだ、ということを語っています。

状況としては、少し前の14節−15節を見る限り、ペトロは十一人と共に立って、声を張り上げ、話し始めた。「ユダヤの方々、またエルサレムに住むすべての人たち、知っていただきたいことがあります。わたしの言葉に耳を傾けてください。」と書いてありますから、ペトロは相当気合いを入れて、声を張り上げて、しかも座った状態でなく、他の弟子たちと一緒に、立ち上がった状態で、説教しているようです。ちなみに、他の11人の弟子たちというのは、ユダの代わりに新しく選ばれたマティアが入っています。

 

考えてみれば、ペトロが立って声を張り上げるのも、無理もありません。今ここにいてペトロの話を聴いている群衆たち、すなわち、炎のような舌の一件を目撃して、驚き怪しんだ人々というのは、5節にあるように、様々な国や地方からエルサレムに帰ってきた、信心深いユダヤ人たちだったわけで、彼らが元居た国や地方の言葉を、7−11節にあるようにガリラヤの人たちがぺらぺら話すのを見聞きして、「どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。」と言って、相当驚き怪しんでいたわけですから。「怪しいことではないのですよー」と説明する方にもそれなりのパワーを要した状況だったことでしょう。

だって少なくとも、9節から11節に挙げてあるだけでも、15種類の言葉が語られたと推測されるのです。パルティア、メディア、エラム、メソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントス、アジア、フリギア、パンフィリア、エジプト、キレネに接するリビア地方などまた、ローマから来て滞在中の者、クレタ、アラビアから来た者もいるのに…、と言っていますから。しかもそれらの言葉で語られていた内容は、「神の偉大な業」についてでした。

ペトロはおそらく、「説教している」つもりなどは毛頭なくて、ただ必死に、人々に伝えるべき大切なことを伝えなくては!…というそのような意識しかなかったのではないでしょうか…。彼らは酒に酔っているわけでもないし、あのようなことが起こるということもすべて、預言者ヨエルを通して言われていたことなのだと、とにかくまずは伝えました。

では、何がそんなにまでして声を張り上げて伝えたいことなのか、ということです。ペトロは一体何をいちばんユダヤ人たちに伝えたかったのでしょうか。

結論から申しますと、ペトロが伝えたかったのは、ただひたすら、どこまでも、主イエス・キリストについて、でした。ペトロの説教の聖書でも有名な本日の箇所は、「イエス・ケリュグマ」とも言われます。「ケリュグマ」とはギリシア語で、「告げ知らされた事柄」という意味です。初代教会においては、「イエスはキリストである」、という宣教が盛んにされたわけですけれども、ケリュグマとは、広い意味では、その宣教内容のことを言いますが、新約聖書学における、より狭い意味では、初代教会の説教の中の、キリスト証言部分のことを言います。ですからイエス・ケリュグマとは、「イエス様についての証し」だと言うこともできます。ペトロが信じている主イエスについての証しです。私は主イエスをこう信じているんだ、主イエスはこういう方なんだ、と、証言し、宣教しているわけです。熱く語られている箇所です。主イエスを誰よりも愛しているつもりでいたのに、主が十字架にかかる前、鶏が鳴く前に三度も主を知らないと言って裏切ってしまったペトロ、なのに、「私を愛しているか?」と三度も主から訊ねられたペトロ、直情的なペトロのことですから、実に熱く、彼らしく、主イエスがどのような方であるか、ということを語ります。ペトロでなければ伝わらない内容のような気もいたします。

主イエスはどのような方か

ペトロはまず、主イエスが、「ナザレの人イエス」であることを強調します。ナザレという、何もよいものなど生まれてくるはずがない、と言われた場所から登場したイエスという人なのだということです。ペトロがそのように言う理由は、父なる神様が、イエス様をお遣わしになったのだということを強調したいがためです。「ナザレの人イエスこそ、神から遣わされた方です。」22節のこの言葉でペトロは、父なる神によって遣わされた、神の子イエス・キリストである、ということを、確認しようとするのです。

そしてその、父なる神様は、「イエスを通してあなたがたの間で行われた奇跡と、不思議な業と、しるしとによって、そのことをあなたがたに証明なさ」ったのだ、とペトロは続けます。ここに出てくる3つの言葉、奇跡δυνάμεσιと、不思議な業τέρασι と、しるしσημείοιςと訳された言葉は、ギリシア語ではすべて「奇跡」の意味があります。英語で言えば、miracles, wonders, signs です。要するに、父なる神は、御子イエスを通して様々な奇跡を私たちに見せることによって、ご自分が御子イエスを遣わした、ということを私たち人間に、証明なさっているのだ、とペトロは言うのです。

どんな奇跡でしょうか? もちろん先ほどのガリラヤの人々が語る異言もそうですし、カナの婚礼での、水をワインに変えたあの奇跡もそうです。それに、カナでは他にも奇跡がありました。ヨハネ4章にあります、カファルナウムの役人の息子が病気で死にかかっていたのに、主イエスが「帰りなさい、あなたの息子は生きる」と言われたその同じ時刻に、熱が下がって息子が癒された、という奇跡です。それは主イエスがガリラヤに来られてからなさった2度目の奇跡でした。他にも、男の人についていた悪霊が主に追い出されて、豚の中に入って溺れ死んだり、シロアムの池では目の見えない男の人が癒されたり、死んで4日も経って臭いだしていたラザロさえ、主に命じられて生き返りました。こうして、主イエスを通して数々の奇跡を起こすことによって、父なる神様は、ご自分が御子イエスを遣わした、ということを証明なさろうとする、とペトロは言うのです。

もっと大きな奇跡〜死と復活

そしてさらに、23節、「このイエスを神は、お定めになった計画により、あらかじめご存じのうえで、あなたがたに引き渡されたの」に、「あなたがたは律法を知らない者たちの手を借りて、十字架につけて殺してしまったの」だと、ペトロはユダヤ人たちを責めるようにたたみかけます。ここで、律法を知らない者たちというのは、アノモーン=不法な者たち という言葉で、ローマ人のことを指しています。ユダヤ人は神に選ばれた民であり、元々の神の大いなるご計画に従って、この主イエスはあなたがたユダヤ人に与えられたのにも関わらず、あなたがたはローマ人の手を借りて、十字架につけて殺してしまったのだ、というわけです。

実はこの、お定めになった計画により、あらかじめご存じのうえで、というフレーズの中には、大変興味深いギリシア語やその用法が隠されているのですが、すべてを細かくご説明しているとおそらくここにいらっしゃるほとんどの方が眠ってしまうと思われるので(笑)、残念ながらポイントだけお伝えしますと、「計画」βουλῇブレー(plan)と「予備知識」προγνώσειプログノーセイ(foreknowledge)というキーワードが使われていて、「神の定めたご計画と、神の予知とによって引き渡されたこの方を…」とも訳すことができるのですが、このβουλῇ(計画)というのは実は、ただの計画ではなくて、ある「評議会」などでの相談の結果である計画について表すのだそうです。

そうしますと、ちょうど今日は聖霊降臨日の翌週で、三位一体主日ですが、実はその「評議会」というのは、父子聖霊という三位一体の神の三位格によって構成されているのだと考えることができる、というのです。しかも、ある文法的法則により、この「計画」は既に完了し、評議会の全員が既にそう結論づけたと言えるのだそうです。

さらにこのπρογνώσειという言葉も、単に「予備知識」という意味に留まるのでなく、これもまたある文法的法則によって、先ほどの「計画」βουλῇという言葉の意味を補強するのだそうで、要するに、この主イエスが十字架にかかるために引き渡されたことというのは、あくまでも、初めからの三位一体の神のご計画であった、ということになるわけです。

ちなみに先ほどの「予備知識」προγνώσειという言葉が使われているのは、他にはペトロの手紙一の1:2だけであり、「あなたがたは、父である神があらかじめ立てられた御計画に基づいて、“霊”によって聖なる者とされ、イエス・キリストに従い…」という箇所で使われています。

このように見て参りますと、私たちを罪から贖う主の十字架の死は、どこまでもほんとうに、何かの間違いなどではなく、父なる神の御計画に従った出来事だったのだということがはっきりします。続く24節を見ますと、「しかし、神はこのイエスを死の苦しみから解放して、復活させられました。」とあり、しかも「イエスが死に支配されたままでおられるなどということは、ありえなかったからです。」とあるのです。

これはつまり、御子イエスを死に渡したのも、父なる神の御計画であったと同時に、死からの復活もまた、間違いなく父なる神様の御計画によるものである、ということに他なりません。以前にも申しましたが、時々、主イエスは神なので、自分で復活された、復活できた、という解釈をする方を見ますが、そうではなく、主イエスはご自分で、ではなく、父なる神の御計画と御業によって、復活させられ、死に勝利されたのです。復活さえも、決してマグレなどではなく、予め、神様が御計画されたことだったということです。

 

私たちを死から救い出す主の十字架の死と、復活という、大いなる、神様の御計画…。

このことこそが、父なる神が御子イエスを通してなさった、何よりも偉大な奇跡なのではないでしょうか。私たち罪人なる人間は、これらの聖なる出来事を、心から信じ、その大いなる奇跡の中に、飛び込む必要があるのです。それは決して、この世の宗教に関与するためではなく、ただ、私たちの魂が、安らいで生きるようになるために、です。

主は「命に至る道」

続く25節から28節では、旧約聖書の詩編16:8−11の、ダビデによる詩をペトロは引用します。ちなみに引用元のテキストを詩編から読むと、こうです。

16:8 わたしは絶えず主に相対しています。主は右にいまし/わたしは揺らぐことがありません。

16:9 わたしの心は喜び、魂は躍ります。からだは安心して憩います。

16:10 あなたはわたしの魂を陰府に渡すことなく/あなたの慈しみに生きる者に墓穴を見させず

16:11 命の道を教えてくださいます。わたしは御顔を仰いで満ち足り、喜び祝い/右の御手から永遠の喜びをいただきます。

随分違う感じになっている箇所もありますが、これはペトロが、ヘブライ語聖書ではなく、70人訳というギリシア語聖書から引用したからのようです。

このダビデの詩はあくまで、ダビデが主イエスについて、こう言っているのだ、と、ペトロが25節で確認するのを読み落としてはいけません。そしてまた、ダビデはまだ、死んで墓の中に葬られたままでいるのだから、ダビデが復活したことを言っているのではないのだと、その後の29−30節でも念押しします。あくまでこれは主イエスについての預言なのだ、ということです。そして、一預言者としてキリストの復活について前もって理解したダビデは、主イエスのことを、「彼は陰府に捨てておかれず、その体は朽ち果てることがない」と語ったのだ、と31節まで説明し続けるのです。

 

そして、32節でペトロは結論を述べます。主イエスは父なる神によって復活させられたのだ、と。そしてわたしたちは皆、そのことの証人なのだ、と。だから、今見聞きした不思議な現実を、たとえ信じがたくても、否定するな、受け入れろ、と、ガリラヤの人たちが異言を語る様子を見て度肝を抜かれていたユダヤ人たちに言っているのです。

ペトロだって、ガリラヤで漁師をしていたユダヤ人のはずですから、別に、ユダヤ人に文句を言いたくてそう言っているわけではなくて、主イエスの死と復活とを信じ受け入れることが必ず祝福につながる道、命に至る道だからこそ、ペトロは必死に語るのです。

ローマ10:9で 、口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われると聖書は約束しています。これは来週お話する箇所でもありますが、それほどに、主の復活を信じることは大切なことなのです。

 

また、33節でペトロが言うように、聖霊は、主イエスが、私たちに送ってくださる、との約束をなさった上で、天に昇られた後、父なる神様から受け、私たちに注いでくださいました。そして、その聖霊を受けたからこそ、あのガリラヤの人々も、口々に異言を語ることができたのです。ですから、あの炎のような舌の一件は、決して、怪しいことではありません。

ペンテコステ、聖霊降臨日は、先週でしたけれども、教会の誕生日とも言われます。ここから、初代教会、原始教会が始まりました。主の十字架と復活を経て、聖霊の満たしがあって初めて、教会というものが成立したのです。聖霊なしには、教会も生まれ得なかったのです。

そしてペトロは、34節35節でまた70人訳聖書から、詩編110編1節を引用します。

『主は、わたしの主にお告げになった。「わたしの右の座に着け。わたしがあなたの敵を/あなたの足台とするときまで。」』

「足台とする」というのは、当時の征服者が、征服された側の首の上に足を乗せる習慣に基づいているそうです。そして、この箇所もやはり、メシアである主イエスについての預言です。主は、わたしの主にお告げになったというのは、父なる神がキリスト・イエスにお告げになった、ということです。

主なるキリストは、すべてに勝利される方なのです。そして今、父なる神の右に座しておられます。

ペトロは36節でさらにこう告げます。

だから、イスラエルの全家は、はっきり知らなくてはなりません。あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、またメシアとなさったのです。」

ペトロはここで、ユダヤ人たちを指してあなたがたが十字架につけてイエスを殺したのだ、と言っています。でもその真犯人は、私たち全員、全人類です。

しかし父なる神は、その「私たち」が十字架につけて殺してしまったイエス様を、復活させられ、主とし、またメシアとなさったのです。メシアとは油注がれた者、救い主、つまりキリストです。

そしてこの方こそが、先ほど28節でダビデの詩からペトロが語った、「命に至る道」そのものなのです。

わたしたちは、死さえも足の下に置かれ、すべてに勝利された、「命に至る道」である主イエスの御名のうちに置かれているのですから、もっと安らげるはずです。もっと魂を憩わせることができるはずです。たとえ今世界がどのような状況であっても、主のように復活の体をいただいて、主と共に天の御国に永遠に住まうその時にこそ希望をもって、今を生きることができるはずなのです。